英会話上達の根本概念

英会話上達の概念を知ろう。

 

「そもそも、英会話学習の勘違いって何ですか? どういう意味ですか?」
と、聞かれることがあります。

 

これは厳密に言うと、「英語が話せるようになる為の方法を明確に認識できていない」
または、「間違った考え方や方法を実践し、英会話学習をしている」という事が挙げられます。

 

なぜ、この様な話をするのかというと、私自身も大きな認識間違いをしていた経験からです。
当然ながら、この間違いに自ずと気づいたわけではなく、
その間違いに気づかせてくれた環境がありました。

 

この間違った方法を永続的に実践することで、いつか英語は話せるようになるでしょうが、
やはり話せるようになるまで時間がかかってしまいます。

 

私が最初は気づかなかった考え方を、今度は皆様に伝えるべく、
より早く英会話を上達させるための考え方や実践方法を、紹介したいと思います。

 

 

 

特に、日本人は完璧主義であるという言葉を耳にしますが、
この完璧主義が、英語を学ぶ上での大きな障害になってしまうことがあります。

 

例えば、街中で外国人の方に話しかけて、
「あなたは日本語が話せますか?」と聞くと、「話せます!! スシ、スシ!!」と
自信ありげに返答してくるんです。

 

恐らく、その外国人の方は、そんなに日本語を流暢に話せるわけでもないのに、
「私は話せます!!」 と、いうわけです。

 

逆に、日本人の場合、人によっても異なるかと思いますが、
大半の方が英語を話せても、 「少しは話せます」 「簡単な英会話なら話せます」、と凄く謙虚なわけです。

 

謙虚であることは本当に素晴らしいことです。
しかしながら、英語を話せるようになる上で、どんなに流暢に英語を話せなくても、
自信を持って積極的に話していくことは本当に大事なことなんです。
どんなに、スラスラと英語を話せなくても、ゆっくりしか話せなくても問題ありません。

 

なぜなら、最初から流暢に話せる人なんて存在しないからです。

 

今、英語を流暢に話せている人でも、 「最初は相手に言っていることが聞き取れなかった」
「聞き取れても、なんと返答して良いかわからなかった」 という時期が絶対にある訳です。

 

でも、その経験の中から、頑張ってコミュニケーションをとり続けることで、
初めて流暢に英語が話せるようになっているわけです。

 

従って、もし英語が話せるようになりたいと強く思うのなら、
率先して英語を話す機会を、自ずと作っていくことが本当に大切なことなんです。

 

さて、それでは、英会話上達に必要な「二つの要素」をお話します。

 

 

 

 

コンテンツ一覧

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ